サロン様も無料で求人できる!詳細はこちら

美容師の業種|美容師の仕事内容や美容系の役立つ資格免許・美容業界の職種

美容師の業種|美容師の仕事内容や美容系の役立つ資格免許・美容業界の職種

美容師の業種は何?
「美容師は何業?」
「美容師の職種はなに?」

転職などのタイミングで生じるあるあるな疑問。

職務経歴書や就労証明書の職業欄などで美容師の業種を記載する必要が問われますね。

美容師の業種は「美容業」、美容師の職種は「美容師」です。

美容業とは「主としてパーマネントウェーブ、結髪、 化粧などの美容サービスを提供する事業所」と定義されています。

また、美容業界とはお客様の日に関するサポートを提供しているサービス業のこと。

理美容室やネイルサロン、エステティックサロンなどといったお店が該当します。

このように美容業界には、美容師以外にもさまざまな職種があり、多岐にわたる分野で活躍できるのが魅力です。

編集者yuki

それぞれの職種には専門技術と知識が必要であり、資格取得がキャリアアップの鍵となります。

この記事では、美容師の具体的な仕事内容や、美容系の役立つ資格免許、そして美容業界のさまざまな職種について詳しく解説します。

これから美容師を目指す方や、美容業界でのキャリアを考えている方にとって、必見の情報が満載です。

夢の実現に向けて、自分に合ったキャリアパスを見つける参考にご活用ください。

解説内容

  • 美容師の業種・事業内容とは
  • 美容師免許を必要とする職種
  • 美容師免許が活かせる仕事
  • 美容師免許は業務独占資格
  • 美容業界で役立つ資格
編集者yuki

この記事を書いた人

ナチュラルな大人可愛いから今時の可愛いまで、お客様に合わせたヘアデザインをご提案させて頂きます。
メンズ似合わせカットや、透明感カラーが得意です。またアイリストのディプロマ取得済み。現在は転職エージェントとしてサイト運営中。

yukiのプロフィール

美容師専門の無料求人サイト

「優秀な美容師を雇いたい、、」
「人気の美容室で働きたい、、、」

上記のようにお考えの「美容師や美容学生」「美容室オーナー」は、ぜひアプリを登録してみてください。

目次

【美容師の業種名は何?】職務経歴書の記載例

職務経歴書

美容師の業種・職種名は以下のとおりシンプルな内容に分類されています。

業種美容業
職種美容師

職務経歴書に記載する際には、誰が見てもわかりやすく明記する必要があります。

大分類 N 生活関連サービス業,娯楽業

中分類 78 洗濯・理容・美容・浴場業

中分類の説明

この中分類には,洗濯業,洗張・染物業,理容業,美容業,浴場業などの主として個人に対して身の回りの清潔を保持するためのサービス又は心身のリラックス並びにリフレッシュを促進するためのサービスを提供する事業所が分類される。

参考:日本標準産業分類・業種区分

職務経歴書における具体的な記載例

転職する際に希望する企業へ提出することとなる職務経歴書。

美容師の業種は具体的に以下のような形式で記載するのが一般的です。

職務経歴

株式会社○○美容室
勤務期間: 20XX年4月 ~ 20XX年3月
業種: 美容業
職種: 美容師

主な担当業務:
カット・カラー・パーマ: 顧客の要望に応じたヘアカット、カラーリング、パーマを担当。
接客・カウンセリング: 顧客とのカウンセリングを行い、最適なスタイルの提案および施術を実施。
新人教育: 新人スタッフの技術指導および接客マナーの教育を担当。
イベント企画: 店内イベントやキャンペーンの企画・運営をサポート。
主な成果:
顧客満足度向上: 顧客アンケートにて、常に高い満足度を維持(90%以上)。
売上貢献: 個人売上で月間トップを数回達成。

このように、業種として「美容業」と記載し、具体的な職務内容や成果を詳細に記載することで、転職先に対して自身のスキルや経験をアピールすることができます。

>>美容師職種書き方では、職務経歴書・履歴書での事業内容の書き方や、転職するコツを解説していますので、転職・就職活動中の方は参考にご覧ください。

美容師の業種・事業内容とは

美容師の業種・事業内容とは

美容師の業種は「美容業」に分類されるとお伝えしました。

美容業は、顧客の髪や外見を美しく整えるサービスを提供する産業であり、ヘアサロンや美容室が代表的な就職先です。

美容師は、カット、カラー、パーマ、シャンプー、ブロー、ヘアセットなどの技術を駆使し、顧客の希望に沿ったスタイリングを行います。

カウンセリングを通じて、最適なヘアスタイルやヘアケアのアドバイスを提供することも重要な役割。

美容業は、技術力と接客スキルが求められるため、日々のトレーニングや新しいトレンドの習得が欠かせません。

さらに、美容業は美容室やヘアサロンだけでなく、ブライダルサロン、撮影現場、イベントなど、幅広い場で活躍の場が広がる魅力的な業種です。

美容師の就職先と仕事内容

美容師の代表的な就職先は美容室・ヘアサロンです。

ただ、美容室といっても、チェーン展開している大型サロンや、個人経営の小型サロン、カットやカラーの専門店などと様々です。

結婚式場やフォトスタジオなども美容師の人気の就職先。

また、美容師の仕事内容は主に以下のとおりです。

業務内容
カット顧客の髪を切り、スタイルを整える
カラーリング髪を染めて色を変える
パーマ髪にウェーブやカールをつける
シャンプー髪の洗浄
ブロー髪を乾かし、整える
ヘアセット特別なイベントや日常のスタイリング
カウンセリング顧客の希望や悩みを聞き、スタイルを提案
接客顧客対応・予約管理・会計
ヘアトリートメント髪のケアやダメージ修復
新人教育後輩や新人の指導とトレーニング
サロンの掃除と管理店舗の清掃と整頓
商品販売ヘアケア製品やスタイリング用品の提案と販売

美容師免許を必要とする職種

美容師免許を必要とする職種

美容師免許の取得が必須となる職種をご紹介します。

  • フリーランス美容師・訪問美容師
  • ヘアメイクアップアーティスト
  • スパニスト
  • カラーリスト
  • アイリスト・アイブロウリスト

フリーランス美容師・訪問美容師

独立して自分のスタイルで仕事をする美容師。

シェアサロンや出張サービスを提供することもあります。

>>美容師の出張カットでは、訪問美容の料金相場や訪問美容師の個人サービスを解説。

ヘアメイクアップアーティスト

撮影現場やイベントで、モデルやタレントのヘアメイクを担当します。

特にフォトスタジオやブライダル業界で需要が高い傾向。

スパニスト

髪を濡らして行う「ウェットヘッドスパ」では美容師免許が必須となります。

リラクゼーション効果や血流がよくなり肩こりや首の痛み改善効果が期待ができる人気の技術です。

>>ヘッドスパ資格・ドライヘッドスパの資格は必要?では講座や検定の種類を解説。

カラーリスト

ヘアカラーの専門家として、顧客に最適なカラーリングを提案し、施術します。

特にカラー技術に特化した職種。

ヘアカラー専門店や、サロンのカラー担当スタイリストとしての活躍できる場があります。

アイリスト・アイブロウリスト

アイリストは、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマなど、

アイブロウリストは眉毛のデザインや施術を行う「目元の美容スペシャリスト」です。

日本にとどまらず、世界的に需要は高く専門性の高い技術とセンスが必要とされます。

美容師免許が活かせる仕事

美容師免許が活かせる仕事

美容師免許を持つことで、美容業界の幅広い分野で活躍することができます。以下に、美容師免許が活かせる具体的な仕事をいくつか紹介します。

美容師免許が活かせる仕事

  • サロンオーナー
  • 美容インストラクター
  • ビューティーアドバイザー
  • エステティシャン
  • ネイリスト

美容師免許を持つことで、これらの多様なキャリアパスが広がります。自身の興味や得意分野に応じて、最適な仕事を見つけることができるでしょう。

サロンオーナー

自分の美容室を開業し、経営者として店舗運営全般を管理します。

スタッフの採用・教育、マーケティング、財務管理なども含まれます。

活かせるスキル

経営管理能力やリーダーシップ。

美容インストラクター

美容専門学校やスクールで、美容師を目指す学生に技術や理論を教える仕事です。

活かせるスキル

教育・指導能力、豊富な実務経験。

ビューティーアドバイザー

化粧品メーカーや百貨店で、スキンケアやメイクのアドバイスを行います。

商品の販売やプロモーションも担当。

活かせるスキル

スキンケア・メイクの知識、コミュニケーション能力。

エステティシャン

美容サロンやクリニックで、フェイシャルケアやボディトリートメントを提供。

リラックス効果や美肌効果を追求します。

活かせるスキル

美容の技術や知識。

ネイリスト

ネイルサロンで、ネイルケアやアートを提供。

手元の美しさを追求します。

活かせるスキル

接客スキルや技術、トレンド、デザインセンス。

美容師免許は業務独占資格

美容師免許は業務独占資格

業務独占とは、資格を所持していなければその業務を行うことができないことを意味します。

美容師免許はこれに該当する国家資格です。

取得後は生涯有効となり、「手に職」といった技術の証明になるため、地位が安定する、転職が有利、等といったメリットが挙げられます。 

その他の業務独占資格

医師、歯科医師、薬剤師、看護婦、柔道整復師、税理士、公認会計士、弁護士、司法書士、不動産鑑定士、等

美容業界で役立つ資格

美容業界で役立つ資格

美容業界でのキャリアを充実させるためには、美容師免許に加えて様々な専門資格を取得することが非常に役立ちます。

以下に、美容業界で特に役立つ資格をかご紹介します。

美容業界で役立つ資格

  • ヘアケアマイスター
  • メイクアップアーティスト資格
  • ネイリスト技能検定
  • アイリスト資格
  • エステティシャン資格
  • アロマテラピー検定
  • カラーコーディネーター検定
  • ビューティーコーディネーター資格
  • 美容インストラクター資格
  • スパセラピスト資格

これらの資格を取得することで、専門知識と技術を高め、美容業界でのキャリアを一層充実させることができます。

編集者yuki

興味や目指すキャリアに応じて、適切な資格取得を目指しましょう。

ヘアケアマイスター

髪や頭皮に関する専門知識を持つヘアケアのスペシャリストであることを証明する資格です。

ポイント

お客様に適切なヘアケアのアドバイスを提供できるようになり、信頼度が向上します。

メイクアップアーティスト資格

メイク技術に関する専門知識とスキルを証明する資格です。

国内外で多くの資格がありますが、日本では「日本メイクアップ技術検定」などが有名。

ポイント

ブライダルやファッションショー、撮影現場などでの仕事の幅が広がります。

ネイリスト技能検定

ネイルケアやネイルアートの技術を証明する資格です。

「JNAネイリスト技能検定試験」が代表的です。

ポイント

ネイルサロンでの業務が増え、顧客のニーズに応えることができます。

アイリスト資格

まつ毛エクステンションやまつ毛パーマの技術を持つことを証明する資格です。

「JLA日本まつ毛エクステンション認定機構」などの資格があります。

ポイント

アイラッシュサロンでの業務が可能になり、サービスの幅が広がります。

エステティシャン資格

フェイシャルやボディトリートメントに関する専門知識と技術を証明する資格です。

代表的なのが「日本エステティック協会」や「CIDESCO」などです。

ポイント

エステティックサロンでの業務が可能になり、トータルビューティーの提供ができます。

アロマテラピー検定

アロマテラピーの知識と技能を持つことを証明する資格です。

「日本アロマ環境協会(AEAJ)」が主催する検定試験などがあります。

ポイント

リラクゼーション効果を提供するメニューを追加でき、お客様の満足度が向上します。

カラーコーディネーター検定

色彩に関する知識を持ち、カラーデザインの提案ができることを証明する資格です。

ポイント

ヘアカラーやファッション、インテリアなどの分野で活用でき、お客様への提案力が向上します。

ビューティーコーディネーター資格

美容業界の接客やサービスのプロフェッショナルとしての知識と技能を証明する資格です。

ポイント

美容室の顧客対応やマーケティング戦略の立案などに役立ちます。

美容インストラクター資格

美容師や美容業界のプロフェッショナルを育成するための知識と技能を証明する資格です。

ポイント

美容専門学校の講師や企業のトレーナーとして活躍できます。

スパセラピスト資格

スパでのマッサージやリラクゼーションの技術を証明する資格です。

ポイント

スパやリラクゼーションサロンでの業務が可能になり、サービスの幅が広がります。

美容師になるために今からできることをやっておくのは、未来の自分へのギフトとなるでしょう。

まとめ

美容師の業種や職種について解説しました。

美容師の仕事の種類という意味合いの業種では、一般的に「美容業」 に職業分類されます。

また美容師の職種は、そのままの「美容師」です。

美容業界には、美容師以外でも美容師免許の資格や経験などを存分に活かせる多種多様な職種があるのも魅力ではないでしょうか。

ご紹介した活かせる資格を取得して、志高くさらに飛躍する自分を創造し続けていきましょう。

編集者yuki

自分自身で成長とモチベーションをアップさせる秘訣です。

美容師専門の無料求人サイト

「優秀な美容師を雇いたい、、」
「人気の美容室で働きたい、、、」

上記のようにお考えの「美容師や美容学生」「美容室オーナー」は、ぜひアプリを登録してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次